部長挨拶

令和3年度部長所信

 

新型コロナウイルス感染症が2019年12月に第1報が中国武漢で報じられて以降、それは世界的規模で感染が拡大し、今もなお日本経済や雇用情勢に大きな影を落とす未曾有の事態を引き起こしています。現在、感染が拡大している地域には「まん延防止等重点措置」または「緊急事態宣言」が発令され、全国的に新型コロナウイルス感染症終息の目処は立っていません。しかし、終息に向けた動きとしてワクチン接種が高齢者からはじまっており、そこに一縷の希望を見いだしながら、経営者として経済活動を一定水準まで戻すよう事業展開および必要に応じて再構築していかなければなりません。

 

今年度、我々商工会青年部は地域振興発展の先駆者となるべく、「 雲外蒼天 ~地域の先駆けとなる~ 」をスローガンに掲げました。我々が一丸となり、努力して困難を乗り越えた先で、創造力・行動力をもって地域の先駆けとなれるよう思いを込めました。

今はまだ楽観視できるような情勢ではありませんが、止まない雨はないと信じ、来るアフターコロナにおいてさらに魅力的な団体となっていけるよう、各事業に精一杯取り組んでまいります。

 

まず、昨年度取り組んだ三沢市の魅力を再認識し、その魅力を他の地域の方に伝えるための視察事業を今年度は研修・視察・交流事業へと拡大し、部員だけでなく広く地域の若手経営者・後継者の方と共に、資質向上を課題として開催時期や規模を検討しながら安全におこなってまいります。また、昨年度は開催できませんでしたが、地元愛の醸成や当市への移住・定住化の促進を目的とした「カップリングパーティー」や「あなたの優しさ届けます事業」についても、関係各所と協議しながら開催にむけて尽力してまいります。次に、1969年の設立以来紡がれてきた青年部の活動を次の世代へ継承していくために、各事業をデータ化し、クラウドによる部員間での情報共有システムを構築します。また、各事業については、ホームページ・各種SNSを用いて活動の周知をし、共感していただける方への部員拡大につながるよう積極的に情報を発信します。そして、現時点で開催の可否が検討されている各種イベント・支援事業についても、開催方法について熟慮し、より良い形で開催に至れるよう、地域の活性化のために微力ながら尽力してまいります。

 

結びに、未だ国内経済の今後の動向も不透明な中ではございますが、我々商工会青年部は「雲外蒼天」の気概をもって、新しい生活様式に対応した事業を展開できるよう一生懸命に努力してまいりますので、関係各所の皆様にはご指導をいただくとともに、今年度も変わらぬご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げ、私からの所信とさせていただきます。

 

部長 三浦隆司

 

歴代部長による所信・総括

■三沢市商工会青年部歴代部長

*初代~第30代部長についてはこちらのPDFファイルをご覧下さい。

*部長在任当時の事業所を記載しております。

第31代部長:鈴木竜也

■平成20年度部長所信 ■平成20年度基本方針

第32代部長:竹林大輔

■平成21年度総括 ■平成22年度部長所信 ■平成22年度総括

第33代度部長:安田勝司

■平成23年度部長所信 ■平成23年度総括

第34代部長:新山聖将

■平成24年度部長所信 ■平成24年度総括

第35代部長:玉川大輔

■平成25年度部長所信 ■平成25年度総括

第36代部長:苫米地修

■平成26年度部長所信 ■平成26年度総括

第37代部長:高橋將文

■平成27年度部長所信 ■平成27年度総括

第38代部長:木村博幸

■平成28年度部長所信 ■平成28年度総括

第39代部長:山本暁朋

■平成29年度部長所信 ■平成29年度総括

第40代部長:遠藤匡明

■平成30年度部長所信 ■平成30年度総括

第41代部長:小比類巻利光

■平成31年度部長所信 ■平成31年度総括

第42代部長:三浦隆司

■令和02年度部長所信 ■令和02年度総括

第43代部長:三浦隆司

■令和03年度部長所信 ■令和03年度総括

 

 

全国商工会青年部連合会